ご存知ですか?? 日本建築の忌み嫌い!! 日本建築には”禁忌”があります!!

 

【日本建築の忌み嫌い!?】

 

前回Blogでご紹介させて頂きました[和室]に代表される”日本建築”!!

実は…

日本建築には「禁忌があります??

ん???

難しいですよね(泣)

ホテル花月園 

禁忌(タブー)と言っても、構造上の問題??や設計上の??と言うよりも

[家相]や[忌み嫌う伝え]や[ことわざ]の様な類のお話しが多いのですが!!

 

この日本建築の[禁忌]については

残念ながら…

現在の建築業界に携わっている我々の中でも

知らない人の方が多いくらいかもしれません(焦)

これも…

昨今、[日本の伝統建築]や[本格的な和室造り]の減少が原因なのかも

しれませんね(焦)

 

 

 

【すまいのプチ知識】

 

今回のBlogは、ちょっと脱線の[有名(?)な禁忌]のご紹介です!!

 

Part1

床さし(トコサシ)

 

漢字では[床差し][床刺し][床挿し]などとも記載されます。

主に和室の天井が[竿縁天井]の際に、[竿縁]が[床の間]と

直角に取り付けられた天井を”床差し天井”と言い

古来から”不吉”として施工を避けられてきました…

う〜

皆さまには難しいですよね(焦)

それでは…

2件の素敵な和室(著名な旅館さんのお部屋のお写真を借りて

しまいました(焦))を見てみてください!!

床さし床さし2

天井部分と素敵な床の間の関係(造り方)に共通点があります。

お気づきですか??

和室 部位

和室の天井の板が落下しない様に支える為の部材を[竿縁(さおぶち)]

と呼称するのですが、その竿縁が床の間と並行になるように

天井板の貼る方向を決めるんですね!!

逆に、この[竿縁]が和室で最も上位(上座)とされる[床の間]に

突き刺す方向で設置された天井を[床差し(刺し)]と呼んで

忌み嫌っておりました。

諸説ありますが、主に古来の[武家屋敷]などからこの慣習は生まれた

様ですね!!

 

そして…

 

この逆の天井板の貼り方を要することも

上記でご説明した[竿縁]を使用しない[天井板の目透し貼り]の場合は

[目透し]のラインが、[床の間]を刺さない様にするんですね!!

目透し天井床の間

上の2枚のお写真とその上のイラスト(竿縁)の天井板を貼っている方向が

違います!! お解りですか??

 

さらにこの[床差し]を掘り下げて…(笑)

大丈夫ですか?? 読むの諦めないでくださいね!?(笑)

実はこの[床差し]の慣習は、後ほどに[畳]の敷き方にも!!

和室 畳

そして…

武家屋敷の中には、唯一1部屋だけ禁忌である[床差し]

の仕様で造られたお部屋があったとか…

こちらも諸説はあるようですが

「武家たる者の覚悟を示したお部屋」

武士 切腹

であり、実際に切腹が行われたお部屋でもあったようです!!

 

但し、この[床差し]の慣習も…

現在では、[天井板材の規格寸法]や設計デザイナーによる

[視覚的な優美]が優先されておりますので…

もしお住まいの和室の天井板が[床差し]になっていても

建築会社様には文句は言わないでくださいね??(笑)

 

 

 

Part2

逆柱(さかばしら)

 

こちらも比較的有名な禁忌のひとつでありちょっと怖いお話し!!

・水木しげる先生の[妖怪文庫]より

水木しげる 逆ばしら

いらっしゃるそうです…

[逆柱]という妖怪が…(恐)

こちらは、建築を行う際に

自然に木が生えている時とは上下逆の方向に柱を建てて家を造る

その家は[夜になると家鳴(やなり)]がするとともに

火災や災いなど不吉なことが起こると言われていた言い伝えです!!

ちなみに家鳴りとは、当時の怪奇現象で家が大きな音をたてたり

大きく揺れたりなどしたらしいですね(恐)

 

ちなみに

この[逆柱]には、建築物で有名なお話もあり!!

3代将軍徳川家光の命により、家康を祀る為に建造された日光東照宮!!

その中にある[陽明門]で使われた12本の柱の中の1本が[逆柱]!!

不完全(不完成)

あれ?? 大工間違えた??

ではなくて…

[完全(完成)は崩壊の始まり]を忌み嫌い、逆手にとって

[未完全(未完成)]の状態で災いを避ける!!

と言った信心によるものだそうです!!

 

 

この逆柱と似たような建築の禁忌がもう一つ!!

Part3

別れ継ぎ(わかれつぎ)

 

[土台]や[][]などで、木材を継いで使用する際に

逆柱の様に、木が自然に生えていた時の根元側と

同じ根元側、又は枝先側と同じ枝先側で継ぐこと

別れ継ぎと言い不吉の理由で避けられておりました。

別れ継ぎ

こちらの[禁忌]は…

古来から[忌嫌]や[妖怪]の要素も合ったのですが、

実は当時の大工たちの中でも[建築構造的な理由]も

あっての工事仕様の伝承でもありました。

 

詳細は割愛しますが根元側の[女木]枝先側の[男木]では

同じ1本の木材でも強度に違いがあるんですね!!

出来るだけ、1本の梁や桁で強度均衡を図る為に

強度の強弱同士でつなぎ合わせる(送り継ぎ)の方が良いと

されておりました!!(現代の建築も同様の考慮です)

 

 

この様に、比較的知っている方が多そうな”日本建築の禁忌”の

例を3つ挙げてみましたが

この3つでも

[吉凶][妖怪][建築的]と要素はバラバラ!!(笑)

この他にも、お歳を召された大工さんや工事監督さんしか

知らない様な事がいっぱいあるんです!!

もし、お客様で[建築の禁忌]を注意したい方々は

もしかすると事前に工事会社へ伝達をしておいた方がいいかも

しれませんね!?(焦)

 

 

 

最後に追加ですが(笑)

この有名な言葉も吉凶の[忌み嫌い]の慣習なんですよ!!

[右前・左前]

日本建築の慣習では、[引違いの障子]や[引違いの襖]、

実は[引違いのアルミサッシ]も!!

襖

皆さまは、もっと有名な[和装]でご存知ですよね??

間違って死人にならないでくださいよ(笑)

和服

 

ちなみに…

押し入れなどの引違い襖は普通に[右前]ですが

お部屋ごとの[間仕切りの襖]は…???

[上位のお部屋側から見て右前]にするんですね!!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ

皆様のクリックが励みになります。