【すまいのプチ知識】いまさらだけど…「合板」「ベニア板」ってなんだ!? 地球や自然環境の保護のために木は切ってはダメなんじゃないの!?

 

【そもそも”合板(ごうはん)”ってなんだ!?】

 

 

 

現代の建築で使用されている建築資材の中で

元も多用されている「素材」でもある「合板(ごうはん)」

 

 

 

お客様みなさま方には、「ベニヤ板」とか「ベニ”ア“板」なんて言い方をした方が

分かりやすいかもしれませんね!!

お父さんの日曜大工や子供たちの小学校の図画工作の授業などでノコギリで

切ったり木工用ボンドで張り付けたり!!

近年ではホームセンターでも一般的に販売されているとっても身近な建築素材

 

 

実は皆様のお住まいのの建築工事や建築資材で本当に多くの箇所で使用

されているんです!!

 

ほんの一例ですが!!

 

構造躯体工事/構造用合板

(photo : ジューテックホーム ツーバイシックス工法)

 

基礎工事、RC構造躯体/コンクリート型枠用合板

 

複合フローリング/台板

 

■内部造作材 /基材

(photo : syrup/photoAC)

窓周りの窓枠や床と壁の境の巾木材、壁と天井の境の廻り縁材などの枠材の基材も!!

 

■階段材/段板

(photo : ジューテックホーム 施工例)

室内ドア

(photo : ウェルリフォーム撮影 ノダ横浜ショールーム)

「室内ドア 仕組み」の画像検索結果

 

システムキッチン/キャビネット

(photo : ジューテックホーム 施工例)

 

洗面化粧台/キャビネット

(photo : ジューテックホーム 施工例)

 

なかには、こんなアイテムも!!

内装用に特別にきれいに作られたベニア板

インテリアラーチ合板

(資料出典 : https://www.r-toolbox.jp/)

 

 

 

 

【すまいのプチ知識】

 

 

「木」で出来ている!! あんなモノやこんなモノ!!

 

みなさまも『木で出来ている』なんて聞くと、一般的には

「家具」

こんなイメージですよね!?

 

その他に!!

こんなモノまであるんです!!

「ジェットコースター」

 

現在はまだコンセプトですが!?

「車」

 

最近では話題となっている

「”新”国立競技場」

(資料出典 : https://www.nippon.com/ja/)

 

世界的には、こんな計画も行われているんです!!

「スウェーデン 34階建て木造高層ビル(2023年計画)」

(資料出典 : https://wired.jp/)

 

 

実は…

「木を原料」としてはこんなモノもそうなんですね!!

「紙」

 

そして、

ちょっと驚かれるのが!!

「セロハンテープ」

 

 

 

この様に様々なところで使われている「木」ですが

こんな「木」の家具のこれら!!

 

森から木を切ってきて、そのまま使っているのか!?

と言うとそう言う訳ではないんですね!!

 

机や椅子などは「木」を一度「合板(ベニア板)」にしてから製品に加工製造

しているんです!!

 

強度もとっても強いでしょ!!

 

 

 

 

 

【すまいのプチ知識 その②】

 

 

 

そもそも… 『合板(ベニア板)』ってなに??

 

とっても簡単にご説明すると!!

「木の皮をむいてできた薄い板を何枚も重ねて作った丈夫な板のコト」

 

 

それでは!!

せっかくの機会なので、このまま続けて!!

とっても簡単に「合板ができるまで」をご説明!!

 

①森から木を運び出す!!

(photo : ジューテックホーム  池田元一商店 池田社長)

 

ちなみに、現在の合板(ベニア板)の材料になっている木は

主に「スギ」「ヒノキ」「マツ」などの針葉樹が主な樹種なんです!!

 

この原料となっている木は、日本国内だけでなく世界のベニアメーカーにおいても

ほぼ全ての商品を計画的に「植林」された木から製造しているんです!!

 

スギやマツは針葉樹の中では成長が早く、また人間により育林されると合板製造に

適するよう、まっすぐ!!強く育っていくんです!!

そして

計画的に「植林」と「伐採」を行うことによって、自然環境の保護活動も守られて

いるんです!!

ゆえに!!

どれだけベニア板の需要が世界的に高くなっても、1年間に製造できる合板の量

は制限が掛かっているんです!!

 

②合板製造メーカーで「木の皮をむいて切る」

 

③「丸太をむく」

「ベニア 製造」の画像検索結果

(資料出典 : https://www.kuraso-hokkaido.jp/localwork/)

 

この加工作業…

完全にコレなんです!!

大根の「かつらむき」

 

④「薄い板(単板)」を重ねる

 

⑤ホットプレス

 

 

完成!!

 

 

 

 

【すまいのプチ知識 その③】

 

 

そもそも… 『合板(ベニア板)』ってなに?? その②

 

Q1 ベニア板っていつ頃から使われているの!?

A1 なんと!! 約3500年ほど前の「古代エジプト」文明時代の産出品の中に

薄い板を接着剤のような物で貼り合わせた板(ベニア板)があったんだそうです!

コレ…

以前、タカラスタンダードのキッチンで「琺瑯(ホーロー)」が古代エジプト文明

で使用されていたなんてお話しもしましたが…

『古代エジプト文明って…スゴクない!?』

 

 

Q2 合板? ベニア板? ベニヤ板?

A2 正式な名称が何かはちょっと分かりませんが… 日本の大手の合板製造

メーカーの多くが参加している協会の名称が「日本合板工業組合」なので…

薄い木を重ねわせて造られたと言う意味の『合板(ごうはん)』??

 

ちなみに、「ベニア」や「ベニア」は、合板の英語なの??

英単語で合板は「プライウッド( plywood)」 積層の木なんて意味ですね!!

日本のベニヤ(ベニア)は、「veneer」から派生した単語だと思いますが

実際の意味は合板を製造する過程の「薄い板」のことを「ベニヤ~」と発音

するんですね!!

 

 

Q3 合板の薄い板(ベニア)の枚数は決まっているの??

A3 正式な決まりはないと思います。製造メーカーや合板の使用用途に

より製造方法が違うので3枚、5枚だったり7枚だったりで、コレを

専門的には3プライ、5プライ、7プライなどと呼ぶんですね!!

 

で、

ココの製造方法が「合板の強度」の秘密なんです!!

これが基本的な合板の作り方!!

(資料出典 : http://www.jpma.jp/)

 

なんとわざわざ1枚1枚の単板(ベニア)の向きを変えて重ねているんです!!

木は繊維になっても伸縮する方向や反り返る方向は、原則 木として育っていた

上方向に向いて動きが出てくるんです!!

だから、敢えて繊維方向を1枚づつ直交するようにして製品としての

縮膨張を抑え、板としての強度も向上させているんです!!

 

「ベニア 製造」の画像検索結果

 

もう一つお気づきのところも!?

実は大半の合板の単板の枚数は「奇数枚」なんですね!!

これ、造り手(メーカー側)の理由なんです!!

合板は専用の接着剤で1枚1枚の単板を張り合わせていくのですが、奇数枚の方が

接着剤を”塗る作業”が1手間減らすことが出来るんです!!

例えば「5プライ」のベニアは、2枚目と4枚目の単板の両面に接着剤を塗布

で済むのですが、「6枚」にしてしまうと6枚目の片面にもう一手間…

 

 

Q4 ときたま…ホームセンターなどで「コンパネ」と書かれた合板

が売られておりますが…コレは普通のベニア板と違うの??

A4 合板は使用用途などにより製造方法やサイズ、名称が変わるんです!!

だから、コンパネも合板ですが、普通?のベニア板とはちょっと違うんです!

 

ちなみに、「コンパネ」の正式な名称は「コンクリート型枠用合板」

戸建建築では基礎工事などに使用され、多くはマンションなどのRC造にて

型枠専門の大工さんがコンパネで施工した型枠の中にコンクリートを流しこんで

壁を作るときに使用する専用合板のこと!!

 

「コンパネ」は使用用途的に耐水性がよい求められるので、針葉樹ではなく

ラワン(広葉樹)の樹種が用いられることが多く、またより耐水性を向上させるために

1面に塗装を施した合板(塗装合板)もあるんですね!!

 

ホームセンターさんの中には、「合板=コンパネ」として販売されているお店も

ありますのでご購入時にはご注意も!?(爆)

 

ちなみに、「一般(普通)合板」と「構造用合板」の違い

製造方法と規格の違い!!

(photo : ジューテックホーム ツーバイフォー工法工事施工例)

 

お住まいの耐震性や耐久性を決める構造躯体工事で使用する「構造用合板」には

合板の強度を統一するための「製造方法の決まり」があるんですね!!

使用する「樹種」や「接着剤」に規定があり、厳しい検査を受けたうえでメーカーの

工場から出荷されてるんです!!

逆に、使用用途の限定がない「普通合板」は、製造メーカーにより製造方法が

決められている!?なんて違いと思ってください!!

 

 

「合板」の画像検索結果

 

今日は趣向を変えて「合板」の話をしてみましたが…

最後にこんな「木」の話し!!

 

 

 

 

地球は昔に比べると… とってもまずい状況なんです!!

その中で「木」は地球に対してとっても役にたっていて優しい大切な存在なんです!

 

ってコトは…

「木は切らない方がいいんじゃない!?」

(photo :  Hades/photoAC)

 

実は「木を大切」にする方法は切らないことではないんですね!!

木や森は、何十年、何百年と新しい木が循環することがとっても大切なんです!!

 

むしろ特に現代の日本の森林は、木の循環が上手に進んでいなく…

木や森がこのままでは死んでしまう…状況ともいえるんです!!

 

ジューテックホームの地元「港北ニュータウン」でも、従来は「里山」であった

様に、村の人々が木を「伐採」「育林」「植林」を繰り返し、山を活性し

自然と共生していたんですね!!

 

だから… ジューテックグループでは

現在の小さな子供たちが大人になった時に!!

もっと木や森が増えて、木材がもっともっと様々なところで使われている世の中

になっていることを望んでもいるんです!!

 

 

最後にちょっと余談ですが…

創業96年 東証1部上場 住宅資材総合商社ジューテックグループ!!

もうすぐ100周年を迎える「ジューテック」の屋号!!

「日本ベニア(ベニア商会)」

 

どうぞ!!

お住まいのご新築やリフォームは、建築資材のプロでもあり

「地球とこどもたちの未来を考える企業」

ジューテックグループに、お気軽にご相談ください!!

 

 

 

住宅資材総合商社JUTECグループがお届けする、高性能、安心リフォームの

ご相談・お見積りは、お電話(0120-206-244 ツーバイシックスにしよう〜)

または、こちらの お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!!

BY 建材商社マン

 

 にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

クリックもお願い致します。