ヨーロッパの玄関ドアって内側に開くの!? 輸入木製玄関ドアの交換リフォーム施工例!! 美しい佇まいの外観をそのままに… 安心品質と安心価格で最新の木製玄関ドアに交換リフォーム!!

 

【ヨーロッパの玄関ドアって内側に開くの!? 輸入木製玄関ドアの安心リフォーム編】

 

 

 

創業96年 東証1部上場 住宅資材総合商社ジューテックグループの

建築部門 ジューテックホームがお届けしております

暮らし広がる… ステキ・リフォーム。 ウェルリフォーム

 

(photo : ジューテックホーム 施工例)

 

戸建住宅やマンションを問わず、お客様の大切なお住まいを

美しく… より快適で安心に過ごせる空間に変身させるリフォームの特徴は

建材商社グループならではの商品知識とコストパフォーマンス!!

そこに

高性能注文住宅 “北欧の家” ウェルダンノーブルハウスのハウスメーカー

として培った豊富な経験と工事技術で高品質な施工を加えお届けしております!

 

(photo : ウェルダンノーブルハウス 施工例)

 

 

このウェルリフォームにご期待を頂いてご相談を頂いたお客様の

施工例をご紹介!!

 

木製玄関ドア リフォーム 神奈川 横浜 鎌倉

(photo : ジューテックホーム リフォーム前)

 

神奈川県の古都である地域の閑静な住宅街の一角。

真っ白の漆喰(しっくい)の外観のお住まいは、ちょっと建築年数が経った

おしゃれな「輸入住宅」のデザイナー住宅!!

漆喰(しっくい)の外観や輸入住宅独特のメンテナンス知識が必要なことから

ジューテックホームにご相談を頂いたお客様!!

 

お客様のご希望で、まずは「外装」からのメンテナンス・リフォームの順番

となりましたが…

まず!? 第一に”早急”に対応をしなくてはならなかったのが!?

「玄関ドア」

 

木製玄関ドア メンテナンス 鎌倉 横浜

(photo : ジューテックホーム リフォーム前)

 

東日本の古都… である風情と伝統のある地域性で!?許された事実!?

輸入住宅の建築ならではの「天然木無垢の木製玄関ドア」は、経年でドア

自体に不具合が発生してしまい「施錠」するのにも相当の力技(苦労)を

必要とする状況となっておりました…汗

 

木製玄関ドア メンテナンス リフォーム 鎌倉 逗子 横浜

(photo : ジューテックホーム リフォーム前)

 

海外製の木製玄関ドアに、見られる傾向ですが…汗

経年によりドア自体の重さで丁番が少しネジレ…そこに開閉を繰り返すうちに

金物が悪化、さらに2枚の親子ドアの特徴でもあるのですが、木材の経年の

ネジレようとする力に支えきれずドア板自体が少し弧を描く状態に!!

 

木製玄関ドア 交換 内開き メンテナンス

(photo : ジューテックホーム リフォーム前)

 

玄関ドア自体も完全に木材の油分が揮発してしまった状態で、雨の含水と

強い太陽光の紫外線による加乾燥を繰り返し、玄関ドアのそこら中に亀裂が…

 

 

今回のお客様が、敢えて!!

ジューテックホームのリフォームにご期待をしてご相談を頂いたことには

”こんな理由が!?”

 

1)歴史と伝統の古都…美しい街中に佇む輸入住宅の住まい!!

交換後も「天然木の木製玄関ドア」に拘りたい!!

 

(photo : イメージです)

 

そして

もう一つがココ!!

 

2)西欧・北欧の住まいの特徴!!

「内開きの玄関ドア」

 

(photo : ジューテックホーム リフォーム前)

 

 

ココまで触れずにさら~とブログ紹介してきましたが、掲載したお写真を見て

お気づきの方はいらっしゃいましたか??

このブログをお読みの方々のお住まいの玄関ドアは、多くの方々が外開き

と言って、住まいの外側に開くタイプの開きドアか引き違い戸(引き戸)

の玄関ドアを使用されていると思います!!

 

玄関ドア リフォーム 神奈川 横浜

(photo : ジューテックホーム 施工例)

 

 

お客様のご期待にお応えするには、大手のサッシメーカーの様たちが

販売している鋼製(アルミニウム製)の玄関ドアが使用できず、また

一般的な外開きの玄関ドアに交換する工事は、玄関の枠材からのリフォーム

となり、外壁や床、防水の工事で大掛かりなリフォームとなってしまう

ことから、普通の(ん??)リフォーム会社では対応が出来ない工事なんです!

 

(photo : ジューテックホーム 木製玄関ドア施工例)

 

そこで!!

建材商社グループの商品知識と北欧輸入住宅ハウスメーカーで培った技術

でご提案したリフォーム工事がコチラ!!

 

「After」

 

木製 玄関ドア アガチス

(photo : ジューテックホーム 木製玄関ドア 交換リフォーム)

 

天然木アガチス材の木製玄関ドアに交換リフォーム!!

お写真がありませんが、当然 「内開き」の西欧・北欧仕様のまま!!

 

(photo : ジューテックホーム 木製玄関ドア 交換リフォーム)

 

元々のチーク材の玄関ドアの枠材は、腐食や問題がなかった為

綺麗に研磨掛けと傷補修を施してから、近似色にウレタン塗装を施し再利用

玄関ドアの更新(交換)リフォームは、もともとの玄関ドアの枠材が使える

壁や床の補修費用や、また壁と玄関ドア枠の取り合い部の防水工事が

必要ないためリフォーム費用がグッと抑えられるだけでなく、

雨漏りなどの危険もかえって回避できるんですね!!

 

(photo : ジューテックホーム 木製玄関ドア 交換リフォーム)

 

今回ご提案をしました天然木アガチス材の木製玄関ドアは、特注製作品では

なく企画品として販売されている木製玄関ドアなんですね!!

 

お客様の輸入住宅の落ち着いた雰囲気の外観を変えたくない!!とのご要望で

近似のデザインの木製玄関ドアをご提案!!

北欧住宅の建築会社の建築知識で、お客様のお住まいの玄関サイズに合わせて

尚且つ「内開き」へ特殊加工を施した1品!!

 

ちょっと企業秘密もあり(爆)、あまりを語れませんが

アガチス材の美しい玄関ドアに、最新のドア丁番を採用した

”新しい木製玄関ドア”

お客様よりも、大変ご満足のご評価を頂きました!!

 

(photo : ジューテックホーム 木製玄関ドア 交換リフォーム)

 

もしろ…

重厚感ある…と言うか、本来、木製玄関ドアは日本国内で一般的に使用されて

おりますアルミニウム製玄関ドアと比較すると、とっても重いドアなのですが

最新の金物(丁番)でスムーズな開閉に、お客様よりは…

「なんか…ちょっと開け閉めが物足りないわね…(笑)」

「……」

「いや… 木製ドアと言っても、今までが重すぎたんです…汗」

 

 

 

 

 

 

 

 

【すまいのプチ知識】

 

 

 

Q : 「北欧」の玄関ドアって、扉を室内側に引っ張る

”内開き”が普通なの??

 

 

こちらが、北欧では多く採用されております

「内開き」の開き戸タイプの玄関ドア!!

 

内開き

 

このブログを読まれている中で、開き戸タイプの玄関ドアにお住まいの方々の

大半が、「うちと逆だ!?」と思われていると思います。

 

実は、玄関ドアの内開きタイプは、北欧だけでなく…

世界的に、特にヨーロッパではスタンダードな玄関ドアは「内開き」なんですね!!

 

 

 

ちょっと後から付け足した様な「理由」でもあるのですが…汗

3つの理由が考えられているんです!!

 

その壱

ヨーロッパでは、「玄関」は大切な訪問者(お客様)を「招き入れる」為の

場所!!

 

ボーイさん

 

日本でも格式の高いホテルや百貨店などでは、専属のボーイさんが

ドアを「手前に開いて」お客様をお招きしてくれているんですね!!

むしろ…

日本仕様の外開きの玄関ドアは、せっかくの来訪者様を「外に押し出す」

イメージ!?

さらに

北欧や北米では、住まいの中心でもある玄関ドアは、大切な訪問者様の為の

出入口で、ご家族の毎日の生活では「勝手口」が主に使用されているんです!

 

 

 

その弐

「大雪」への対策

 

大雪

 

実は… 日本国内でも「内開き」の玄関ドアが比較的多く採用されている

エリアがあるんです!!

ご存知の方もいらっしゃいますが、「北海道」ですね!!

 

 

 

大雪の翌日、玄関ドアを開けると…

これ、本州で一般的な外開きタイプの玄関ドアでは、雪解けの時期まで

玄関ドアが二度と開けられない状態…汗

毎日の復旧作業もままならない状態に陥ってしまうんですね。

 

 

その参

「侵入者」への防御の対応 安全性、セキュリティー

 

(photo : photoAC)

 

日本国内よりも治安に問題を抱えるヨーロッパでは大切なこと!!

内開きタイプのドアの方が、外からの侵入者に全体重をかけてドアを閉めやすい

また、一度ドアを閉めてしまえば、内側に家具などを置いて固定できる

さらに、ドアの構造上、丁番などの金物を室内側に設置できるので、破壊して

強硬に侵入されることを防げる!!

ドアのタイプ的に、こんな利点もあるんですね!!

 

(photo : photoAC)

 

ココは… 昨今のセキュリティーの概念と言うよりも

長い歴史を通して、戦争や侵略を繰り返してきたヨーロッパならではの

の自然となりたった防衛なのかもしれませんね!!

 

ちなみに、

この「侵入者への対策」という概念は、日本のコチラの建築でも

自然と生まれているんです!!

「お城」や「武家屋敷」

 

 

 

当然、本来は要塞としての機能を優先して設計されていた日本のお城や

武家屋敷では、戦いを前提にしているので「内開きの門」が採用されて

いることが多いんです!!

 

 

 

【すまいのプチ知識 その②】

 

 

 

そんな玄関ドアの「内開き」と「外開き」の違い!!

世界の国々と日本の習慣は、どうして違ってしまったの??

 

 

外開きがメインとなっている日本の玄関ドア!!

歴史的に見ると、一般住宅の玄関ドアは、従来の日本建築では…

「引き戸(引き違い戸)」

 

 

その後、デザイン性やセキュリティーなどの安全性、さらには玄関ドアにも

求まれる気密性能の観点から、日本の建築においても「開き戸」が一般的と

なったんです!!

 

(photo : ジューテックホーム ウェルダンノーブルハウス施工例)

 

当然、海外でも外開きタイプの玄関ドアも使用されておりますが、日本国内の

様に大半が「外開き」が採用されている理由は…

コレ!?

なのかもしれませんね!!

 

「靴を脱ぐ生活習慣」

 

 

広~い玄関ルームのお住まいの方々は良いかもしれませんが…

日本国内の大半の方々(ん?)の玄関ルームで、もし内開きドアが採用されると…

開閉のドアが靴にあたってしまうんです!!

また、住まいの中を清潔に保つ日本人の方々は、扉に着いた雨水や汚れを

室内側に入れたくない…なんてご意見も聞かれます!!

 

 

最後に!!

そんな「日本の建築」においても「建築基準法」で、出入り口のドアを「外開き」

に”しなくてはならない”建築物があるんです!!

 

 

劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂または集会場なんですね!!

「建築基準法施行令第125条」で定められており、火事や地震などで緊急避難が

必要となった際に、内開きのドアだと大勢の人が集中すると、扉が邪魔となり

開閉に問題と危険にもつながるといった概念からなんですね!!

 

どうぞ!!

輸入住宅にお住まいの方々や輸入建材でお悩みの方々!!

建材のプロ、輸入住宅ハウスメーカーのリフォーム「ウェルリフォーム」へ

お気軽にお問い合わせ、ご相談をお待ちしております!!

 

 

 

住宅資材総合商社JUTECグループがお届けする、高性能、安心リフォームの

ご相談・お見積りは、お電話(0120-206-244 ツーバイシックスにしよう〜)

または、こちらの お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!!

BY もと建材商社まん

 

 にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

クリックもお願い致します。